おうちでカルチャー #CultureFromHome

【えどはく学芸員が見どころ紹介】特別展「大江戸の華―武家の儀礼と商家の祭―」第一章 式正―武器と儀礼―

特別展「大江戸の華―武家の儀礼と商家の祭―」の見どころを当館学芸員がご紹介。
今回は、本展にあわせイギリスから里帰りした具足と当館所蔵の甲冑5領が生み出す豪華な空間の第一章からお届けします。

2021.08.20

【えどはく学芸員が見どころ紹介】企画展「相撲の錦絵と江戸文化」

相撲と錦絵。今日、日本を代表する「スポーツ」と「芸術」へと発展したこの二つをテーマにした、企画展「相撲の錦絵と江戸文化」(~9/5)の見どころを学芸員が紹介。個性豊かな力士の姿と貴重な資料の数々をご覧ください。

2021.08.18

「ルネ・ラリック リミックスー時代のインスピレーションをもとめて」ギャラリートーク・オンライン

ルネ・ラリック リミックス―時代のインスピレーションをもとめて」展担当の学芸員が会場内を回りながら展覧会の見どころをご紹介します。ぜひご自宅でお楽しみください。

2021.08.11

「A Scoop of Light」:船井美佐からのコメント

レジデンス2021成果発表展「A Scoop of Light」出展アーティスト、船井美佐のインタビュー。パンデミックの影響でベルリン渡航が叶わなかった船井は、人々の人生や、歴史、文化が忘れ去られ、消えていこうとしている現状に対して、自身が感じたことをインスタレーションとして発表しています。

2021.07.21

「A Scoop of Light」:Yujuからのコメント

レジデンス2021成果発表展「A Scoop of Light」出展アーティスト、Yujuのインタビュー。ベルリンに住むアジア人女性たちの協力のもと、人種差別の現実を社会に共有するために制作した映像作品《記憶された揺動》について紹介しています。

2021.07.21

https://youtu.be/wc25oU-QZGs

「A Scoop of Light」:菊地智子からのコメント

レジデンス2021成果発表展「A Scoop of Light」出展アーティスト、菊地智子のインタビュー。韓国に住む北朝鮮人など、分断に翻弄される人々との対話をとおして「境界」について考察する映像作品《Undulation on the borders》について紹介しています。

2021.07.21

「A Scoop of Light」:バディ・ダルルからのコメント

レジデンス2021成果発表展「A Scoop of Light」出展アーティスト、バディ・ダルルのインタビュー。京都のヴィラ九条山とTOKAS滞在中に制作した映像作品《日本人アハマッド》とミニチュアドローイング作品《扉や窓のない国 2021》について紹介しています。

2021.07.21

「A Scoop of Light」:ユリアン・ヴェーバー

レジデンス2021成果発表展「A Scoop of Light」出展アーティスト、ユリアン・ヴェーバーは、彫刻やパフォーマンスを媒体に、未知なるものへの恐怖や興味の象徴として、地球外生命体との交流を試みた映像インスタレーションを発表しています。

2021.07.21

「新・晴れた日 篠山紀信」作家インタビュー

60年にわたり時代の変化をとらえ続ける写真家・篠山紀信の作品を展覧する大回顧展「新・晴れた日 篠山紀信」について、本展への想いや、作品制作の背景を語っていただきました。

2021.06.15

【えどはく学芸員が見どころ紹介】特別展「冨嶽三十六景への挑戦 北斎と広重」-歌川広重-

日本を代表する浮世絵師、北斎と広重の挑戦をストーリー展開で浮き彫りにする特別展「冨嶽三十六景への挑戦北斎と広重」。広重が北斎の作品を受け、どのように制作を行っていったか。広重の作品から展覧会を紹介します。

2021.06.11

【えどはく学芸員が見どころ紹介】特別展「冨嶽三十六景への挑戦 北斎と広重」-葛飾北斎-

日本を代表する浮世絵師、北斎と広重の挑戦をストーリー展開で浮き彫りにする特別展「冨嶽三十六景への挑戦北斎と広重」では、葛飾北斎による不朽の名作「冨嶽三十六景」全46図を一挙展示。 「冨嶽三十六景」シリーズの見どころとして作品の一部に触れ、展覧会をご紹介します。

2021.06.11

「建物公開2021 艶めくアール・デコの色彩」ギャラリートーク

1933年に竣工した旧朝香宮邸の建築としての魅力を紹介する、年に1度の建物公開展「建物公開 2021  艶めくアール・デコの色彩」の見どころを学芸員が解説します。

2021.06.02