ごあいさつ

  •  公益財団法人東京都歴史文化財団は、東京都の文化行政の一翼を担い、芸術文化の振興と基盤整備に取り組むことで、東京における芸術文化の一層の振興と江戸東京の歴史及び文化の継承に努めております。具体的には、東京都庭園美術館、東京都江戸東京博物館、江戸東京たてもの園、東京都写真美術館、東京都現代美術館、東京都美術館、東京文化会館、東京芸術劇場などの12 の文化施設やアーツカウンシル東京による事業を通じて、作品・資料の保存・活用、鑑賞機会の提供、音楽・舞台芸術の振興、人材育成・教育普及、芸術文化の基盤整備・発信等を行っております。
     現在、公立の文化施設には、多様化するニーズに応えていくというお客様重視の姿勢がますます求められております。当財団は、公益財団法人として、東京の芸術文化の振興に寄与するという使命を果たし、お客様の期待に応えるべく、経営的な観点から知恵を絞り、お客様の声に耳を傾けながら、全力を尽くしてまいります。
     文化は、都市の魅力と活力の源泉であり、人の心を潤し豊かにする力を持っています。文化の祭典でもある東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会の開催や、文化の魅力あふれる都市東京の実現に向けた東京都の施策を踏まえつつ、都民の皆さまはもとより、多くのアーティスト、文化人、企業の方々と手を携え、多くの皆さまに、当財団の事業や施設を利用していただけるよう取り組んでまいります。

  • 理事長 日枝 久

    理事長 日枝 久

財団についてに戻る