東京のアートにまつわるあれこれをマンガでレポート。
今回は、さまざまな歴史的建造物が建ち並ぶ野外博物館・江戸東京たてもの園の「看板建築」にスポットを当てます。

※漫画の内容は、2018年7月現在のものです。

江戸東京たてもの園に移築された看板建築の一部

江戸東京たてもの園

 

江戸時代から昭和中期までの歴史的建造物を移築・復元した野外博物館。約7ヘクタールの広大な敷地のなかに、茅葺き屋根の農家やレポートで紹介した看板建築など、文化的価値の高い30棟の建造物が並ぶ。建物のなかには暮らしの様子が伺える生活道具なども展示されており、当時の雰囲気を味わうことができる。

アボット奥谷(アボットおくたに)

イラストレーター。ゆるくてかわいいキャラクターを得意とし、さまざまな媒体で幅広く活躍中。

バックナンバー

  • 第4回

    江戸東京たてもの園 看板建築

  • 第3回

    東京文化会館バックステージツアー

  • 第2回

    六本木アートナイト2017

  • 第1回

    視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ