東京のアートにまつわるあれこれをマンガでレポート。
今回は、六本木の街全体を美術館に見立て、夜を徹して開催されたアートの祭典「六本木アートナイト2017」(9月30日~10月1日)の模様をお届けします。

※漫画の内容は、2017年12月現在のものです。

蜷川実花が演出を手掛けた「TOKYO道中」

六本木アートナイト

 

さまざまな商業施設や文化施設が集まる六本木を舞台に繰り広げられる、一夜限りのアートの祭典。
現代アート、デザイン、音楽、映像、パフォーマンスなどの多様な作品が街なかに散りばめられ、非日常的な体験を楽しめる。2009年にスタートし、2017年で8回目の開催となった。

アボット奥谷(アボットおくたに)

イラストレーター。ゆるくてかわいいキャラクターを得意とし、さまざまな媒体で幅広く活躍中。

バックナンバー

  • 第3回

    東京文化会館バックステージツアー

  • 第2回

    六本木アートナイト2017

  • 第1回

    視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ