事業ニュース

〈江戸東京たてもの園〉と〈東京都庭園美術館〉で、ライトアップされた紅葉を楽しみませんか?

秋も深まり、東京でも紅葉が見頃を迎えようとしています。

江戸東京たてもの園東京都庭園美術館では、紅葉の時期に合わせて、下記の日程で開館時間を延長し、ライトアップを行います。
都会の喧騒を忘れさせるような2つの場所で、特別な夜をぜひご堪能下さい!

 

 

夜の江戸東京たてもの園を散策できる特別な3日間

紅葉とたてもののライトアップの様子

 

江戸東京たてもの園では、11月23日(金・祝)~25日(日)「紅葉とたてもののライトアップ」を開催します。
ライトアップは、照明デザイナーの岩井達弥さんの監修。美しく色づいた木々と、そこにたたずむ歴史的建造物を優しく柔らかな光で照らし出します。

 

また、園内では、国際基督教大学高等学校の生徒たちが制作した「切り絵のランタン」展示や、復元建造物「仕立屋」に現存するガス灯の期間限定での点灯のほか、「デ・ラランデ邸」では暖炉に火を入れるなど、各所で普段では味わえない夜のたてもの園をお楽しみいただけます。

 

 

紅葉とたてもののライトアップ」概要

【日時】2018年11月23日(金・祝)~25日(日)16:30~20:00

    (開園は9:30から、入園は19:30まで)

【会場】江戸東京たてもの園
【URL】http://www.tatemonoen.jp/event/page/2018_lightup.php

 

 

 

 

 

ライトアップされたアール・デコの館と紅葉の美の競演

 旧朝香宮邸の本館とライトアップされた紅葉(2017年)

 

日本庭園内の茶室とライトアップされた紅葉(2017年)

 

東京都庭園美術館では、11月23日(金・祝)~12月8日(土)の金曜日と土曜日の開館時間を20時まで延長します(入館は19時30分まで)。

夕刻を過ぎると、旧朝香宮邸がライトアップされるほか、日本庭園では、彩られた紅葉が池の水面に照らされ、幻想的な光景をご覧いただけます。

開催中の「エキゾティック×モダン アール・デコと異境への眼差し」展とともにお楽しみください。

 

 

紅葉の時期の夜間開館

【日時】11/23(金・祝)、11/24(土)、11/30(金)、12/1(土)、12/7(金)、12/8(土)は、20:00まで開館(入館は19:30まで)
【会場】東京都庭園美術館
【URL】https://www.teien-art-museum.ne.jp/

 

 

事業ニュース一覧に戻る