事業ニュース

都立文化施設の多言語ガイドブック「TOKYO TO GO」を無料配布中!

 

 

東京都歴史文化財団では、国内外から東京を訪れる観光客の皆様に、当財団が運営する美術館、博物館、劇場などの文化施設を存分に楽しんでいただくための多言語ガイドブック「TOKYO TO GO」を発行しました。

 

英語中国語(繁体字・簡体字)韓国語日本語の5言語に対応しており、都立文化施設のほか、東京都庁の「東京観光情報センター」等で無料配布中です。当ウェブサイトからダウンロードして、スマホやPCからもご覧いただけます!

 

「TOKYO TO GO」は、各施設の基本情報や建物の特徴、実際にできる体験などの紹介写真や周辺地図を掲載し、初めて東京を訪れる人にもそれぞれの施設の面白さをわかりやすく伝えています。

 

また、各施設の情報と併せて、周辺エリアの観光スポットも紹介していますので、両国、上野、池袋、恵比寿、清澄白河などの人気エリアの散策にも役立ちます。

 

 

 

さらに、コラムページの「今に息づく江戸文化」では、江戸時代から続く伝統文化の由来を取り上げています。〈ラッキーアイテム〉や〈粋な模様〉などの発祥についての豆知識の数々は、東京在住の方にもきっと新たな気付きがあることでしょう。

 

東京は日本の経済・文化の中心として最先端を走ると同時に、江戸時代から400年間蓄積された伝統を受け継ぎ、ユニークな世界都市に成長してきました。その巨大さゆえに、多様な歴史・芸術・文化資源を見過ごしてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

 

東京にお越しの際は、是非「TOKYO TO GO」を手に、東京ならではの文化観光をお楽しみください!

 

事業ニュース一覧に戻る