イベント情報

小さいながらもたしかなこと 日本の新進作家vol.15

  • 東京都写真美術館
  • twitter
  • facebook

2018/12/01 (土) − 2019/01/27 (日)

 

 

「日本の新進作家」展は、写真・映像の可能性に挑戦する創造的精神を支援し、将来性のある作家を発掘するため、新しい創造活動の展開の場として2002年より開催しています。15回目となる本展では、「小さいながらもたしかなこと」をテーマに掲げ、自らの感性や考え方、アイデンティティやリアリティを手がかりに作品を制作する5名の作家をご紹介します。

予測困難な自然災害や広がりを見せる経済格差、LGBTの人々に対する法的整備の遅れ等、個人をめぐる状況がゆれ動き、たしかなことを見出しにくい時代に、作家によって作品に込められた「たしかなこと」。その一つ一つは決して大きなものではないのかもしれませんが、わたしたちに、今を生き抜く勇気や希望を与えてくれます。 本展では、作家それぞれの「小さいながらもたしかなこと」に迫り、その表現の射程を探ります。

 

【出品作家】
森栄喜、ミヤギフトシ、細倉真弓、石野郁和、河合智子

 

 

《ART NEWS TOKYO》
篠原ともえさん×担当学芸員が対談!
新進作家たちの個人的な視点から見えてくる「小さいながらもたしかなこと」とは?

開催概要

スケジュール 2018/12/01 (土) − 2019/01/27 (日)
会場 東京都写真美術館 2階展示室
開館時間 ・休館日

公式サイトでご確認ください。
【休館日】毎週月曜日(ただし、12月24日(月・振休)および1月14日(月・祝)は開館し、12月25日(火)と1月15日(火)は休館)、 年末年始12月29日(土)から1月1日(火・祝)は休館

アクセス

JR恵比寿駅東口より徒歩7分、 東京メトロ日比谷線恵比寿駅より徒歩10分

施設のご案内

イベント情報に戻る