事務局からのお知らせ

「ぐるっとパス2018」4月1日(日)発売


  • 2018.03.23
  • twitter
  • facebook

「ぐるっとパス2018」を、4月1日(日)より発売いたします。
参加施設は92施設。なんと12施設も加わります。
使い道がぐっと広がった「ぐるっとパス2018」の発売まであと1週間余りです。

参加施設、入場、割引の区別、割引金額などの詳細は「ぐるっとパス2018」の春夏パンフレットを参照ください。表紙画像をクリックするとダウンロードできます。

購入は使える施設の販売窓口などです。使いたいときにその場で購入することができます。
使い始めた日から2ヶ月間利用可能。(ただし、最終有効期限は2019年3月31日まで)

新しく参加する施設は、両国のすみだ北斎美術館、駒込の東洋文庫ミュージアム、早稲田の新宿区立漱石山房記念館など魅力的な施設ばかりです。

横浜からも3つの施設が参加します。そごう美術館、帆船日本丸/横浜みなと博物館、神奈川県立歴史博物館(~4月27日まで休館中)です。すでに2017から参加している横浜美術館と合わせて4施設になり、横浜の散策がぐっと充実して魅力的になりました。

さらに、以前よりぐるっとパスユーザーの方から要望の多かった庭園も新たに2つ、旧岩崎邸庭園と浜離宮恩賜庭園が参加します。

他にも4つの施設が再参加します。
参加施設が増加・充実し、お値段は2,200円となりました。
92施設に増えたので、あなたに合った施設をチョイスしてどんどんお得に活用してください。