イベント情報

建築 × 写真 ここのみに在る光

  • 東京都写真美術館
  • twitter
  • facebook

2018/11/10 (土) − 2019/01/27 (日)

 

 

現存する最も古い写真は1827年頃にジョセフ・ニセフォール・ニエプスによって撮影された、窓から見える「たてもの」の一角でした。 写真と建築の関係は写真の黎明期の時代から密接にかかわっています。初期の写真技術では人や動物といった動くものは、撮影することが難しかったために、動かない建築は格好の被写体となったのです。 また19世紀末は都市開発が進み、街の変貌が著しい時期でした。過去の建築や出来たばかりの建築を記録するために、写真という新しい技術が盛んに使用されました。そして現在にいたるまで、多くの建築が撮影されています。
本展では東京都写真美術館のコレクションを中心に、さまざまな建築を捉えた写真を展示します。写真が発明された頃からどのような建築が写されてきたのか、そして現代の写真家がどのように建築を捉えてきたのかを紹介します。 その中には、今ではすでに存在しないものや、実際に見ることが困難なものも少なくありません。写真家が建築を撮るときに感じた光を追体験していただけることでしょう。

開催概要

スケジュール 2018/11/10 (土) − 2019/01/27 (日)
会場 東京都写真美術館 3階展示室
開館時間 ・休館日

公式サイトでご確認ください。
【休館日】毎週月曜日 (ただし、12月24日(月・振休)および1月14日(月・祝)は開館し、12月25日(火)、1月15日(火)は休館)、年末年始12月29日(土)から1月1日(火・祝)は休館

アクセス

JR恵比寿駅東口より徒歩7分、 東京メトロ日比谷線恵比寿駅より徒歩10分

施設のご案内

イベント情報に戻る