イベント情報

『もしもし、こちら弱いい派 ─かそけき声を聴くために─』

  • 東京芸術劇場
  • アーツカウンシル東京
  • twitter(別ウィンドウで開く)
  • facebook(別ウィンドウで開く)

2021/07/22 (木・祝) − 2021/07/25 (日)

 

芸劇eyesシリーズ待望の番外編・第三弾!

 

次世代の演劇界を牽引する若い才能を紹介する芸劇eyesシリーズ。番外編では、より若い世代の才能がショーケース形式で競演します。2011年の第一弾「20年安泰。」、2013年の第二弾「God save the Queen」に続く、第三弾は「もしもし、こちら弱いい派」。今後の活躍から目が離せない3団体のパフォーマンスを、東京芸術劇場で一度にご覧いただける機会を、ぜひお見逃しなく!

 

~今回の企画について~

 

小さな水紋があちこちで自然発生するように、変化は複数の場所でほとんど同時に起きました。「弱さ」への評価です。勝った人が正しいという価値観のもと、強く、そのためには早く、大きく、多くと突き進んできたほころびが可視化されたこの10年、それとは異なるものへの気付きが広がっています。演劇でも数年前から「弱さ」の肯定を含んだ流れが生まれています。「弱さ=可哀想」ではなく、余白や愛嬌、知恵やしたたかさを味方に付けた表現を「弱いい派」と名付け、3団体を選びました。彼や彼女の声に、目を凝らし、耳を傾けてみてください。

 

徳永京子(企画コーディネーター)

 

参加団体・上演作品

 

いいへんじ
『薬をもらいにいく薬(序章)』
作・演出:中島梓織

出演:飯尾朋花、小澤南穂子(以上、いいへんじ)、 遠藤雄斗、小見朋生(譜面絵画)、タナカエミ
声の出演:松浦みる(いいへんじ)、野木青依
音楽:野木青依、Vegetable Record

 

ウンゲツィーファ
『Uber Boy(仮)』

作・演出・出演:池田亮(ゆうめい)、金内健樹(盛夏火)
金子鈴幸(コンプソンズ)
黒澤多生(青年団)、中澤陽
本橋龍(ウンゲツィーファ)
音楽:額田大志(ヌトミック/東京塩麹)

 

コトリ会議
『おみかんの明かり』
作・演出:山本正典

出演:牛嶋千佳、三ヶ日晩、原竹志、 まえかつと(以上、コトリ会議)

音源制作:佐藤武紀
協力:兵庫県立ピッコロ劇団

 

五十音順

 

開催概要

スケジュール 2021/07/22 (木・祝) − 2021/07/25 (日)
会場 東京芸術劇場 シアターイースト
開館時間 ・休館日

公式サイトでご確認ください。

アクセス

JR、東京メトロ丸の内線・有楽町線・副都心線、東武東上線、西武池袋線池袋駅西口より徒歩2分、地下通路2b出口直結

施設のご案内

イベント情報に戻る