イベント情報

オラファー・エリアソン ときに川は橋となる

  • 東京都現代美術館
  • twitter(別ウィンドウで開く)
  • facebook(別ウィンドウで開く)

2020/03/14 (土) − 2020/06/14 (日)

 

本展覧会は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、4月13日(月)まで休止とさせていただきます。

 

東京都現代美術館は、アイスランド系デンマーク人アーティスト、オラファー・エリアソンの個展を開催します。
本展覧会「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」は、日本で10年ぶりの大規模な個展です。

 

オラファー・エリアソン(1967年生まれ、コペンハーゲン生まれ)は光や水、霧などの自然現象を新しい知覚体験として再現する作品で世界的に高く評価されています。暗闇の中に虹が現れる《ビューティー》(1993年)、自然の変化を追ったアイスランドの写真、ソーラーエネルギーを用いた作品など、多くの新作を含む作品の数々で構成される本展は、エリアソンのアートを介したサステナブルな世界の実現に向けた実践に触れるまたとない機会です。その体験は今を生きる私たちに忘れがたい気づきをもたらすことでしょう。

開催概要

スケジュール 2020/03/14 (土) − 2020/06/14 (日)
会場 東京都現代美術館
開館時間 ・休館日

開館時間:公式サイトでご確認ください。
休館日:月曜日(5月4日は開館)、5月7日

アクセス

東京メトロ半蔵門線清澄白河駅B2出口より徒歩9分、 都営大江戸線清澄白河駅A3出口より徒歩13分、 東京メトロ東西線木場駅3番出口より徒歩15分、 または「木場駅前」バス停より、とうきょうスカイツリー駅前行、錦糸町駅前行乗車、「東京都現代美術館前」下車、 都営新宿線菊川駅A4出口より徒歩15分、 または「菊川駅前」バス停より、新橋行、東京駅丸の内北口行乗車、「東京都現代美術館前」下車、 JR東京駅丸の内北口よりバス、  錦糸町駅前行、「東京都現代美術館前」下車、 JR錦糸町駅よりバス、  東京駅丸の内北口行、「東京都現代美術館前」下車

施設のご案内

イベント情報に戻る