イベント情報

アジアのイメージ―日本美術の「東洋憧憬」

  • 東京都庭園美術館
  • twitter
  • facebook

2019/10/12 (土) − 2020/01/13 (月・祝)

 

およそ1910~60年頃にかけてのことですが、日本の知識人、美術愛好家、美術作家たちがアジアの古典美術に憧れた時期がありました。唐物趣味は日本の伝統だとはいえ、このときのアジア熱は別格でした。

朝鮮半島や中国から、考古遺物や古美術が日本に輸入されると、それらは実業家たちによって競うように蒐集されました。平壌では漢代の楽浪漆器が発掘され、河北省では磁州窯や定窯が調査されます。そして息を呑むような伝世品(殷の青銅器、唐三彩・宋磁・元の染付・明の赤絵、煎茶で愛好された籐籠、李朝白磁など)が輸入されました。それらを目の当たりにした画家や工芸家たちは、創造の翼をアジアへと羽ばたかせます。

さらに画家たちは、大同で雲岡石仏を見て、飛鳥仏との繋がりに想いを馳せました。流行のチャイナドレスにも目を留め、アジアの新しい息吹も掬すくいとりました。

アジアへの憧れは、1960年頃に表舞台からフェードアウトしますが、その後どのように深化されているのでしょうか。新館ギャラリーでは、3人の現代作家に表現していただきました。

 

東京都庭園美術館 館長 樋田豊次郎

 

 

※期間中の以下の金・土曜日は開館時間を20:00まで延長(入館は19:30まで)。
・11月22日(金)、23日(土・祝)、29日(金)、30日(土)、12月6日(金)、7日(土)

※夜間開館時17時以降の入場料は、学生無料(学生証の提示)、一般、65歳以上の方は団体料金

詳細はこちらをご覧下さい。

開催概要

スケジュール 2019/10/12 (土) − 2020/01/13 (月・祝)
会場 東京都庭園美術館
開館時間 ・休館日

公式サイトでご確認ください。
【休館日】第2・第4水曜日(10/23、11/13、11/27、12/11、12/25、1/8)、年末年始(12/28~1/4)

アクセス

JR目黒駅東口、東急目黒線目黒駅正面口より徒歩7分、 都営三田線・東京メトロ南北線白金台駅1番出口より徒歩6分

施設のご案内

イベント情報に戻る