イベント情報

移動する港Ⅲ「アイム グラッド ユーアー ゼア」

  • 東京都渋谷公園通りギャラリー
  • twitter
  • facebook

2019/01/19 (土) − 2019/02/02 (土)

 

 

だれかとの関係を良好に保つために、カート・ヴォネガットが書いた小説『タイタンの妖女』(The Sirens of Titan)に登場する宇宙生命体はひとつのヒントになるかもしれません。ハーモニウムと呼ばれるその原始的な生き物は、ふたつのメッセージしか持ちません。一体が「わたしはここにいる」と送ると、もう一体は「あなたがいてよかった」と返します。自己や他者の存在を認め、喜びを分かち合う、このシンプルなやりとりが欠かせないのは人も同じでしょう。異なるのは、人にはさまざまな感じ方、伝え方があり、その組み合わせが無数に存在するという点です。本展ではそうした、「わたし」と「あなた」との間に生まれた多様で豊かな表現を紹介いたします。

 

2017年に渋谷区神南に開設した東京都渋谷公園通りギャラリーでは、東京都と連携しながら、芸術を通じた共生社会の実現を目指し、さまざまな作り手の作品展示等の事業を行っています。現在、ギャラリーは改修工事のため休館中で、2019年度中にグランドオープンを予定しています。本年度はグランドオープンに先立ち、「移動する港」を共通タイトルに掲げる展覧会を四谷、八王子、池袋の3会場で開催しています。多くの文化が交差し続ける港のように、さまざまなタイプの表現と鑑賞者が出会う場を目指して、毎回切り口を変えながら芸術と共生のあり方を探る企画です。

 

【出展作家】
金子慎也、杉浦篤、田中悠紀、光岡幸一、村上亮太+村上千明

 

【会場】
東京芸術劇場 アトリエイースト・アトリエウエスト

 

※入場無料

開催概要

スケジュール 2019/01/19 (土) − 2019/02/02 (土)
会場 東京芸術劇場 アトリエイースト、アトリエウエスト
開館時間 ・休館日

公式サイトでご確認ください。
【休館日】1月21日(月)

アクセス

JR、東京メトロ丸の内線・有楽町線・副都心線、東武東上線、西武池袋線池袋駅西口より徒歩2分、地下通路2b出口直結

施設のご案内

タグ

イベント情報に戻る