イベント情報

東京芸術劇場 海外オーケストラシリーズ スイス・ロマンド管弦楽団

  • 東京芸術劇場
  • twitter
  • facebook

2019/04/13 (土)

 

 

アンセルメ、ジョルダン等の薫陶を受けたスイス随一の名門楽団、新音楽監督ノットと初の日本ツアー開催!

 

1918年アンセルメによって創立され(2018/2019年シーズンはスイス・ロマンド管弦楽団にとって創立100周年となる記念すべきシーズンである)、DECCAへの数々のレコーディングによって世界的な名声を得たワールドクラスのスイスを代表するオーケストラである。
クレツキ(1967-1970)、サヴァリッシュ(1970-1980)、シュタイン(1980-1985)、A.ジョルダン(1985-1997)、ルイージ(1997-2002)、スタインバーグ(2002-2005)、ヤノフスキ(2005-2012)、N.ヤルヴィ(2012-2015)の薫陶を経て、2017年1月から東京でも馴染み深いジョナサン・ノットが音楽/芸術監督を務めている。

 

当公演では、進境著しい若手ヴァイオリニスト、辻彩奈をソリストに迎えたメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲、当劇場コンサートホールの音響性能をフルに活かすことのできるマーラー交響曲第6番をプログラミング、記憶に残る名演が期待される。

 

【出演】
指揮:ジョナサン・ノット
ヴァイオリン:辻彩奈
スイス・ロマンド管弦楽団 (管弦楽)

 

【日時】
2019年04月13日 (土) 14:00開演(ロビー開場13:00)

開催概要

スケジュール 2019/04/13 (土)
会場 東京芸術劇場 コンサートホール
開館時間 ・休館日

公式サイトでご確認ください。

アクセス

JR、東京メトロ丸の内線・有楽町線・副都心線、東武東上線、西武池袋線池袋駅西口より徒歩2分、地下通路2b出口直結

施設のご案内

イベント情報に戻る